2019年10月~補助金の最新情報メルマガバックナンバー~

【2019/10/07号】野球だけじゃない~補助金でも使える色使いのテクニックとは?~

 

巨人が5年ぶり37度目のリーグ優勝
を果たしましたね。

さらに

10月9日(水)から始まる
クライマックスシリーズのファイナルステージ
を迎え、今、ジャイアンツファンは
かなり盛り上がっているようです。
(*^-^*)

 

そんな中

私は仕事帰りの夜間に
スポーツクラブに行くことが
多いのですが

バスルームにて
いきなり見知らぬ方から
声をかけられました。

「すみません。
ジャイアンツファンの方ですか?」

と。

 

ジャイアンツファンの読者の方には
申し訳ないのですが、
私は巨人ファンではありません。

というか

プロ野球そのものに
あまり興味がなくなってきた
今日この頃、、、

カープが続けて優勝しようが

ベイスターズがCSに勝とうが

あるいは阪神が6連勝しようが

私の中では

「特にどうでもよいこと」

なのです。

(プロ野球ファンの方、
くれぐれも申し訳ございません
<(_ _)> )

 

なぜ
私が「巨人ファン」に
間違えられたか、ですが。

実は、その日、
バスルームにて
オレンジ色のタオルを
使用しておりました。。。

そのタオルはかなり以前に
巨人ファンの先輩に誘われて
東京ドームに無料招待にて
行った際に貰ったもので

バスルームでは

ジャイアンツのことは
まるで意識せず
何気なく使っていたのです。

 

ですが

巨人ファンの方には
オレンジ色は
「ジャイアンツの色」として
特別な意味を持っているようです。
(*^-^*)

 

このように
色彩というものは
人の視覚に強く訴えかけ
メッセージ性を持つ場合があります。

補助金の申請書を作成する際にも
この「色彩の特徴」をうまく利用すると
思わぬ高得点を得られる場合があります。

 

例えば

自分が強調したい箇所を

 ・赤字にて表記したり

 ・黄色の網掛けをする

といった工夫を行うとします。

 

すると

補助金の審査員も
自らが受験勉強などをした際に
重要な箇所に

赤の下線を引いたり、
黄色のラインマーカーを引いたり

といった経験をしていることが
多いため

これらの色彩が
「重要である」と
無意識に認識してくれ

申請書の該当箇所を
充分に読み込んでくれる場合が
多いのです。

 

要は

審査員の目が
目が届きやすくなる訳です。

 

申請書を書く際の
ちょっとしたテクニックとして
覚えておいてくださいね。

 

もっとも

このテクニックを
あまりにも使用してしまうと
かえってゴチャゴチャした印象を
与えてしまう場合もあるので

「色の濫用」には
ご注意ください。

(*^-^*)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2019/10/07時点)☆☆☆

補助金:創業助成事業
【東京都/2019年度第2回】

■概要
「創業助成事業」は都内の産業活力向上等に寄与する
「創業者等の事業計画」に対して、より効果的な事業
実施が可能となるよう、創業初期に必要な経費
(賃借料、広告費、従業員人件費等)の一部について
の助成を行います。
■公募要領※

https://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/sogyokassei/pdf/R1_2_sogyojosei_11_bosyu.pdf

※補助額、補助率、申請要件その他については
上記の公募要領にてご確認ください。

■申請受付について

申請書の提出は郵送にて受付いたします。
簡易書留、一般書留、レターパックプラス(赤色)にて
郵送してください。

■申請受付期間

令和元年10月1日(火)から令和元年10月9日(水)まで
(期間中の消印有効)

■お問い合わせ&申請書提出先

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-1-1
明治安田生命ビル低層棟2階?丸の内 MY PLAZA内

公益財団法人 東京都中小企業振興公社
事業戦略部 創業支援課 創業助成係

TEL:03-5220-1142

sogyo@tokyo-kosha.or.jp

*****************************************

 

【2019/10/14号】来年度の補助金~環境関連の解決につながるような取組も良いかも。

 

私事ですが
台風19号の襲来により
予定していた仕事が
キャンセルとなってしまいました。

…σ( ̄∇ ̄;)

とは言え

家でダラダラとしていても
仕方がないので

メルマガ発行やその他の仕事など
積み残しになっている課題を
少しずつ片づけていこうと思っております。

それはそうとして

近年、
「数十年に一度」と
言われるような自然災害に
「毎年/複数回」見舞われていますね。

( ;∀;)

地球温暖化など環境問題への
一刻も早い取組が
世界中の喫緊の課題と
なっているように思われます。

もちろん

国民一人ひとりが節約を心がけ
無駄なエネルギーを使用しないなど
地道な努力を積み重ねることも
大切なこととは思いますが

それよりも何よりも

行政が音頭をとり、
環境問題の解決につながるような
政策を推進することが
求められているように思われます。

そんな視点で考えれば

補助金の世界においても
来年度は環境問題の解決に
つながるような取組の採択率
が高くなるかもしれません。

もちろん

ノーベル賞クラスの
高度で画期的な技術開発のみならず

レジ袋やCO2の削減に対する
民の取組を推進するような
ちょっとした取組でも
良いかもしれませんね
(*^-^*)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2019/10/14時点)☆☆☆

研究開発助成金
【三菱UFJ技術育成財団】

■三菱UFJ技術育成財団

当財団は、技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の
研究開発に対する助成金の交付事業を行います。

■応募資格者

原則として設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内
の中小企業 (大企業や上場企業の子会社・関連会社を除く)
または個人事業者で、優れた新技術・新製品等を自ら開発し、
事業化しようとする具体的計画を持っている者。

■助成対象プロジェクト

現在の技術から見て新規性があるもので、以下のいずれかに該当し、
原則として2年以内に事業化の可能性があるもの
(他の助成金制度との併願も可能)。

1.産業経済の健全な発展と国民生活の向上に資すると認められる
新技術・新製品及び関連する設備・部品・原材料等の開発に関するもの。

2.1に準ずるもの。

■助成金の使途

研究開発のために必要な調査研究費、設計費、設備費、試験費、試作費等

■助成金の金額

プロジェクトにつき300万円以内

かつ

研究開発対象費用の2分の1以下

■助成金を受ける者の義務

プロジェクトの進捗状況や助成金の費消状況の定期報告等
をお願いします。

■応募期間・応募方法等

第2回目 2019年9月20日~10月20日

■お問い合わせ

三菱UFJ技術育成財団

電話番号03-5730-0338

FAX番号03-5232-0518

電子メールinfo@mutech.or.jp

〒105-0014 東京都港区芝2丁目4番3号
三菱UFJ銀行芝ビル2階

照会時間 9:00~17:00
(土曜・日曜・祝日を除く)

■URL
http://www.mutech.or.jp/contact/index.html

*****************************************

 

【2019/10/21号】今さら人に聞けない補助金と助成金の違いとは?

 

さてさて
最近は起業直後の方からのご相談を
受けることが多いのですが

そこで
多くいただく質問のひとつに

そもそも
補助金助成金の違いって
何ですか(?_?)

というものがあります。

私もよくセミナー等でお話するのですが

そもそも
補助金も助成金も
英訳すると

subsidy

となり、

海外では同じ意味で
使用されている

ということになります。

日本では

経済産業省(主に)が管轄し、
税金を財源とし、
経済活性化を目的とするものが
補助金

厚生労働省が管轄し、
雇用保険料を財源とし、
雇用の安定(主に)を目的とするものが
助成金

となります。

 

いわば
補助金と助成金の違いとは

お役所が
その「縄張り」に応じて
勝手にネーミングしているだけの
違いとなります。

 

ただ

さらにややっこしいのが
都道府県や市区町村などの
地方公共団体が出す補助金や助成金です。

 

ここでは
それぞれの「ローカルルール」に
応じて

「補助金」「助成金」といった
名称が任意に使われています。

一例として

東京都では

経済産業省系の「ものづくり補助金」と
近い性質を持つものが
「助成金:革新的事業展開設備投資支援事業」

厚生労働省系の「キャリアアップ助成金」と
近い性質を持つものが
「正規雇用等転換安定化支援助成金」

ということで
いずれも「助成金」という名称で
統一されています。
本当にややっこしい! 怒

 

補助金・助成金の世界でも
お役所の縦割り行政の弊害が
出ているということでしょうか。

…σ( ̄∇ ̄;)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2019/10/21時点)☆☆☆

助成金:革新的事業展開設備投資支援事業
【2019年度(第6回)/東京都】

■概要
本事業は、現状に満足することなく果敢に挑戦する中小企業等が、
更なる発展に向けた競争力強化、成長産業分野への参入、
IoT・ロボット活用、後継者によるイノベーションを目指す際に
必要となる最新機械設備の購入経費の一部を助成します。

このたび、第6回の募集を開始いたします。
助成金申請者説明会では事業内容と申請方法のポイント等を
説明しますので、申請をご検討されている方は、極力御参加下さい。

■主な申請資格
2019年10月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、
都内で2年以上事業を継続している中小企業者等

※ 都外設置の場合は東京都内に本店があること

■助成対象期間

交付決定日の翌月1日から1年間

※第6回募集の助成対象期間:
2020年4月1日~最長2021年3月31日です。

■助成率・助成限度額

1.競争力強化 中小企業者
1/2以内 1億円 100万円

〃  小規模企業者※1
2/3以内 3千万円

2.成長産業分野
2/3以内 1億円

3.IoT・ロボット活用※2
2/3以内 1億円

4.後継者イノベーション
2/3以内 1億円

※助成下限額はいずれも100万円

※1

小規模企業者:常用従業員数が製造業・その他の場合は20人以下、
商業・サービス業の場合は5人以下

※2 公社が実施する「IoT、AI導入前適正化診断」もしくは
「ロボット導入前適正化診断」を受けた場合、審査において加点されます。

■助成対象事業

以下の1~4のいずれかに合致する事業であること

1.競争力強化

更なる発展に向けて競争力強化を目指した事業展開に
必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

2.成長産業分野

成長産業分野(1.医療・健康・福祉 2.環境・エネルギー
3.危機管理 4.航空機・宇宙 5.ロボット 6.自動車)
の「支援テーマ」に合致した事業展開に必要となる
最新機械設備を新たに購入する事業

3.IoT・ロボット活用

更なる発展に向けて「生産性向上」を目指した事業展開に
必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

【IoT化】機械設備導入と同時にIoT化を進めるために
必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

【ロボット導入】産業用ロボット、サービスロボット等
を購入して行う生産性向上に資する事業

4.後継者イノベーション

事業承継を契機とした後継者によるイノベーションに
必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

■助成対象経費

最新機械設備の新たな購入、搬入・据付等に要する経費

1基100万円(税抜)以上のものに限ります。

→他にも要件があります。詳細は募集要項をご覧ください。

■申請予約期間
2019年10月28日(月)~11月11日(月)17時まで
<HP>

■申請書類提出期間
2019年11月19日(火)~11月26日(火)
<持参>

※公社が指定する日時に申請書類一式をお持ちください。

■申請・問い合わせ先

東京都中小企業振興公社
企画管理部 設備支援課

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町1-9
東京都産業労働局 秋葉原庁舎

TEL:03-3251-7884

■URL
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/kakushin.html

*****************************************

 

【2019/10/28号】経営革新計画に通ればどんなご利益がありますか?

 

さてさて
最近、なぜか立て続けに2本、
経営革新計画についてのご相談をいただきました。

公的な中小企業支援に関しては、
中小企業は中小企業等経営強化法を
利用することとなりますが

なかでも、
経営革新計画はその中心となる施策です。

 

というのも
経営革新計画の承認を受けることによって
さまざまな「公的施策」を利用できる可能性が
広がるためです。

「公的施策」とは例えば

・政策金融公庫からの低金利融資

・税制上の優遇措置

・補助金などの加点措置

 

がありますが、いずれも資金繰りに厳しい
中小企業にとっては、大変ありがたい
公的支援制度となります。

 

ただ一点のみご注意いただきたいこと

それは、例え首尾よく
経営革新計画の承認を受けられたとしても

これら「公的施策」の実施が
約束されている訳ではないという点です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あくまでも

「公的施策」を利用できる
可能性がアップするというだけ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という点は忘れないようにしたいものです。

というのも
経営革新計画の承認を受けるためには
それなりの手間がかかります。

さらに
専門家に頼めば、結構な費用がかかります。

 

それだけの苦労をしたとしても

・公庫に融資を断られるかもしれないし
(>_<)

・補助金に不採択になるかもしれない
(>_<)

↑そういったリスクもあらかじめ
見込んでおきたいものですね。

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2019/10/28時点)☆☆☆

補助金:令和元年度手ぶら観光補助事業
(国土交通省/全国/応募受付期間延長)

■事業の目的

国土交通省では、空港・駅等での荷物の一時預かりや、
次の目的地あるいは海外の自宅等への荷物の配送を
実現することで、訪日外国人旅行者に対し手ぶらで
快適な旅行環境を提供する「手ぶら観光」を推進しております 。

■事業内容

国土交通省が、手ぶら観光共通ロゴ マーク掲出の認定をした
又は認定する見込みがある民間事業者等を対象に 、
手ぶら観光カウンターの整備や機能強化等に対する補助を行います。

■応募方法

応募要領をご確認いただき、必要書類を記入し提出してください。
なお、応募書類の提出先は手ぶら観光カウンター設置先の
最寄りの地方運輸局等になります。

■応募受付期間(今回変更)

平成31年4月26日(金)~令和元年12月20日(金)
17時必着

※予算が無くなり次第、応募を終了させていただきます。

■応募要領

その他上記詳細は、下記(PDF)にてご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/common/001312618.pdf

■お問い合わせ先
国土交通省
総合政策局物流政策課物流効率化推進室
東、丸山

TEL:03-5253-8111(内線25-402)
直通 03-5253-8799
FAX:03-5253-1559

■URL
http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000473.html

*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です