2018年11月~補助金の最新情報メルマガバックナンバー~

当記事はあくまで「バックナンバー」のため、
「メルマガ」より2週ほど遅く公開されます。

メルマガで補助金の最新情報を欲しい方は
↓↓↓コチラからお申込みください。↓↓↓

補助金の最新情報メルマガはコチラから

↑↑↑補助金情報は鮮度が命です(*^-^*)↑↑↑

【2018/11/05号】平成31年のものづくり補助金は2月に公募開始?

 

 

さてさて
かなり信用のおける補助金コンサルタントの
先生から、ものづくり補助金に関する噂が
流れてきました。

 

それは

 

平成31年のものづくり補助金
2月に公募開始されるというもの

 

もし噂が本当であれば
来年はかなり早い時期の
スタートとなりそうですね
(*^-^*)

 

もしかすると
IT導入補助金小規模事業者持続化補助金
同様の時期に開始となるかも
しれません。

 

噂の出元は
某県の中小企業団体中央会
(ものづくり補助金の事務局)の
幹部の方のようですが

 

「事務局が出元であれば
多分、的中するだろう」

 

と考えるのは
早計かもしれません。

 

これまでも
この類の噂ははずれるケースも
頻発したため

 

妄信することだけは
避けた方がよさそうですね。

 

ただ
いずれにせよ

 

本予算に計上されている点から
考えても

 

来年度、
「何等かの形」で
ものづくり補助金の公募が
実施されることだけは
確かですから

 

検討中の事業者は
事前準備で進められるところは
進めておいた方が
よさそうです。

 

年末の忙しい中でも

 

経営力向上計画
先端設備等導入計画については

 

認定をとっておくことも
後々、非常に役立つと
思います。

 

経営力向上計画

 

先端設備等導入計画??

 

何それ???

 

よくお分かりにならない方は
ぜひ幣事務所までお問い合わせを!
(*^-^*)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2018/11/5時点)☆☆☆

 

外国特許出願費用助成事業
(東京都)

 

■概要
都内中小企業の皆様の外国における知的財産の保護、
活用のために、東京都知的財産総合センターでは、
出願、調査等の費用の一部を助成します。

 

■事業内容

優れた技術等を有し、かつ、それらを海外において
広く活用しようとする中小企業の方等に対し、
外国特許出願に要する費用の一部を助成します。

 

■申込資格

東京都内に主たる事務所を持つ中小企業者、または
中小企業を主たる会員とする団体等

 

■助成内容

助成率:1/2以内

助成限度額:300万円

助成対象経費

外国出願手数料、弁理士費用、翻訳料、先行技術調査費用、
国際調査手数料、国際予備審査手数料等

 

■お問い合わせ

東京都知的財産総合センター
電話:03(3832)3655

産業労働局商工部創業支援課
電話:03(5320)4749

 

*****************************************

 

 

【2018/11/12号】締切が再々延長のIT導入補助金~絶対に注意しないといけない点とは???

 

 

 

IT導入補助金の3次公募の締切が
再々延長となりました!
(詳細は文末の「今週注目の補助金・助成金」
にてご確認ください)

 

特に第7回の
締切日が12月18日(火)
交付決定日が12月28日(金)
ということですから
事務局も年末ギリギリまで
動くということですね。
(*^-^*)

 

しかし3次公募の
しかも締切の再々延長とは・・・

 

昨年までの補助金と言えば、
IT導入補助金だけでなく
他の補助金においても
こんなに公募回数が増加したり
締切が延長になるというケースは
ほとんどありませんでした。

 

それが
今回のIT導入補助金においては
なぜ、こんなにも頻繁に
延長措置が行われるのでしょうか。

 

実は
これまでのメルマガでも書いてきた通り

 

本年のIT導入補助金と言えば、
その予算額がなんと500億円(!)
も計上されています。

 

それなのに
2次公募終了時点での
採択額は100億円にすら
達しなかったとの事です。

 

つまり
2次公募では
予算の20%位しか
消化できなかった計算となります。

 

通常の
民間事業者であれば
予算が余るのは
(利益が増えることが多いので)
良い面が多いように感じますが

 

縦割りのお役所行政では
予算未消化は
タブーとなることが多いようです。

 

下手すれば
財務省あたりから
翌年度の予算を大幅に
削減されてしまうリスクがありますね。
“(-“”-)”

 

そこで
余った予算は少しでも
使ってしまおうという思惑が
働いているようですね。

 

まあ
消費税を増税される
国民の立場からすると
このような無駄遣いには
眉をひそめたくもなりますが

 

一方、未だ
IT導入補助金を受けておらず
新たに獲得したい事業者にとっては
あながち悪い動きではないような気もします。
(*^-^*)

 

ただ

 

今回の延長措置には
ひとつだけ注意点があります。

 

注意点?何それ???

 

それは
前回の第3回締切あたりから
第2回締切までのザル採択、

 

つまりは
公募者全員が採択されるような
動きが少しずつ改められ

 

採択までの審査基準が
少し厳しくなったような動きが
見受けられるのです。

 

具体的には
まともに申請を終わらせたにも
関わらず
不採択となってしまった
事業者が出てきたようです。

 

「でもお役所としても
採択者を増やして
予算を少しでも
消化したいんじゃないの?」

 

と疑問の声が
聞こえてきそうです。

 

あくまで私見ですが・・・

 

今回の延長措置は
それが実施されるために

 

「採択者の質を上げること」が
経済産業省と事務局との
交換条件となった可能性が
あるような気がします。

 

経済産業省としても
財務省周辺や野党、国民などからの
「補助金のバラマキ=無駄遣い」
といった批判から逃れたいがために

 

「応募者全員を受からせる」

 

のではなく

 

「要件を厳しくすることで
採択者の質の向上も図りたい」

 

という思惑が働いている
のかもしれませんね。
(*^-^*)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2018/11/12時点)☆☆☆

 

IT導入補助金【三次公募】公募期間延長
【全国・経済産業省系】

 

■概要
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが
自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)
を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・
売上アップをサポートするものです。

 

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、
把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、
業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を
図っていただくことを目的としていますが、
これまでのたくさんの活用者の声を元に、
要件等の見直しを行いました。

 

具体的には三次公募の公募期間が下記のように
延長されました。

 

■公募期間の延長の詳細について

●第五回締切

締切日
2018年11月19日(月)
交付決定日
2018年11月30日(金)

●第六回締切

締切日
2018年12月4日(火)
交付決定日
2018年12月14日(金)

●第七回締切

締切日
2018年12月18日(火)
交付決定日
2018年12月28日(金)

 

■事業実施期間(従来通り)
交付決定日以降~2019年1月31日(木)

 

■事業実績報告期間(従来通り)
交付決定日以降~2019年1月31日(木)

 

■補助対象経費区分(従来通り)
ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費

 

■補助率(従来通り)
1/2以内

 

■補助上限額・下限額(従来通り)
上限額:50万円/下限額:15万円

 

■事務局
一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

 

 

【2018/11/17号】あの社労士はなぜIT導入補助金に落とされたのか???

 

 

さてさて
先週の金曜日(11/16)、
IT導入補助金の三次公募
第4回締切における
交付決定者(採択<合格>された事業者)
が発表されましたね!

 

おかげ様で

 

今回についても
私が何らかの形で支援させていただいた
事業者様については
全員無事、採択(≒合格)と相成りました!
!(^^)!!(^^)!!(^^)!

 

毎回感じることですが
支援させていただいたお客様
が採択されるのは
自分が採択されるより、
遙かに嬉しいものですね!

 

ただ
その一方で

 

先週のメルマガで
お伝えした通り

 

前回(三次公募の第3回締切)から
その採択基準が厳しくなり、
せっかく申請したにもかかわらず
不採択(≒不合格)となってしまう
事業者がボチボチと
出始めているようなのです。
“(-“”-)”

 

というのも

 

私が日頃、
懇意にさせていただいている
WEB制作会社で
IT導入支援事業者の登録も
している会社の社長さんより
下記のご質問をいただきました。

 

「私共のお客様で
社会保険労務士をしている方が
今回、落とされてしまいました。。。

 

不採択となった要因について
何か思い当たることは
ありますか?」

 

もちろん

 

私は事務局でも審査員でも
ありませんし

 

この社労士の方の申請業務に
携わった訳ではないので
詳しいことはまったく分かりませんが・・・

 

とりあえず

 

下記のような回答をしました。

 

「開業仕立ての社労士さんで
まだ売上がほとんど上がっていないか、

 

あるいは

 

おもてなし認証(加点項目)の
認証を受けていないということは
ありませんか?」

 

特に
前半の部分は重要かなと思います。

 

先週のメルマガでお伝えした通り
事務局(あるいは経済産業省)
としては

 

「全員を受からせる訳にはいかない
(採択者の質を上げるため)

 

でも

 

IT導入補助金の今回の
申請内容は簡易的かつ画一的なため
採点にあまり差がつけられない」

 

といった思惑がある可能性があり、

 

申請した事業者の業績そのものを
採択/不採択の基準としている
恐れがあります。

 

もし
上記の見方が当たっていれば
売上が十分あがっていない事業者
については

 

いくら申請上でベストを尽くしても
不採択となる恐れがあるため

 

私自身も

 

今後とも
IT導入補助金における
採択/不採択で全勝を続けることは
少々難しくなってきたかもしれない・・・

 

など
思わず考え込んでしまう今日この頃です。
( ;∀;)

 

(もちろん裏技含め、
ベストは尽くしますが・・・)

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2018/11/19時点)☆☆☆

 

観光経営力強化事業
【東京都/平成30年度 第2回募集】

 

■概要

東京都及び(公財)東京観光財団では、観光を巡る
環境の変化に速やかに対応し、観光振興を戦略性
を持って総合的に展開することを目指しています。

そうした中で、観光関連事業者の経営力向上を図り、
東京の観光産業の活性化につなげることを目的として、
ICT化・設備導入による生産性向上や観光分野における
新サービス・商品の開発等を支援する事業を実施いたします。

 

■実施内容

(1)支援対象事業者

都内の中小企業者で観光関連事業を営む(予定を含む)者

 

(2)支援対象事業

新たに実施する、ICT化・設備導入による生産性向上、
新サービス・商品開発や集客・販路開拓による消費拡大
などの経営力強化を目的とした取組

 

(3)支援内容

1、経費の補助

補助対象経費の2分の1以内

1事業者あたり1,500万円を限度 ( 下限額100万円)

 

2、アドバイザーによる支援

事業計画のブラッシュアップや事業計画の実行支援を実施

 

(4)支援予定件数

5件程度

 

(5)申請書提出予約期間

平成30年10月29日(月)~
平成31年1月9日(水)
〔土・日・祝日を除く〕

※申請書の提出は、メールでの事前予約が必要です。

 

(6)申請書提出期間

平成31年1月11日(金)~平成31年1月16日(水)
〔土・日・祝日を除く〕

 

■お問い合わせ

(申請・審査に関すること)
産業労働局 観光部 受入環境課
電話:03-5320-4674

 

(支援内容に関すること)
(公財)東京観光財団 地域振興部
観光インフラ整備課
電話:03-5579-8463

 

*****************************************

 

 

【2018/11/26号】補助金ホームページ~リニューアルのお知らせ~

 

 

さてさて
今年も残すところ
あと1か月強となっていまいましたね。

 

最近は
本当に月日が経つのが
早いものです。
( ;∀;)

 

ところで先日、
ひょんなご縁から
「記憶術」のセミナーを
受けましたが

講師の方が

「忙しい、忙しいと言うのは、
本当は集中できていないことが原因」

と仰っていました。。。

 

ちょっと
反省している今日この頃です。
(*^-^*)

 

ですが本年は

 

ものづくり補助金の2次公募といい
IT導入補助金の12月までの延期といい

 

本来、次年度の戦略を
考えるべき時に
いろいろと重なってしまった事情もあります。

 

それも
「言い訳に過ぎない」
のかもしれませんが
(*^-^*)

 

夏以降、
仕事の切れ間が
ほとんどなかったことも
又事実です。

 

しかし・・・

 

そんな中、
なんとか私自身の
ホームページのリニューアルにつき
第1歩が完成しました。

 

↓リニューアル後のホームページはコチラ

https://biz-financial.com/

 

↑以前の私のホームページを
知っている方には
見映えが大きく変化したことに
驚かれたかもしれませんね。。。

 

まだまだ
仮オープンの形なので

 

今後、
年末にかけて
さらにブラッシュアップを
かけていきたいと思いますが

 

新たなホームページを
ご覧になり

 

もし何か
気づいた点や

 

改善すべき点など
ご意見、ご要望があれば
コッソリ
教えていただけると幸いです。

 

お忙しい中、大変恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いします
<(_ _)>

 

☆☆☆今週注目の補助金・助成金(2018/11/26時点)☆☆☆

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
(脱フロン・低炭素社会の早期実現のための
省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業)
【全国/平成30年度四次公募】

 

■概要

エネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び温室効果ガス
であるフロン類の排出の抑制のため、冷凍冷蔵倉庫及び
食品製造工場に用いられる省エネ型自然冷媒機器や
食品小売店舗におけるショーケースその他の省エネ型
自然冷媒機器を導入する事業に要する経費の一部を
補助するものです。

 

■公募実施期間

平成30年11月5日(月)~平成30年11月26日(月)
17時必着

 

■公募方法及び説明会の詳細

公募方法の詳細は、一般財団法人日本冷媒・環境保全機構の
ホームページをご覧ください。

また、同機構は本公募に関し説明会を開催します。
会場の詳細や申し込み方法等については、同機構の
ホームページをご覧ください。.

※なお、四次公募の対象は新規開店するフランチャイズ形態の
コンビニエンスストアにおけるショーケースその他の省エネ型
自然冷媒機器を導入する事業です。

 

■問合せ先

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構 事業支援センター.

〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館.

T E L :03-5733-4964.

F A X :03-5733-4965.

連絡先環境省地球環境局地球温暖化対策課フロン対策室

直通    03-5521-8329
代表    03-3581-3351
室長    馬場康弘(内線6750)
室長補佐  藤田祐輔(内線6751)
室長補佐  田中輝征(内線7728)
担当    石黒哲郎(内線7750)

*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です